• 2012年4月 キャリア入社 システム事業本部 システム1部

    前職は10人程度の開発会社。約10年勤めたが、会社規模は全く拡大しなかった。「ポジション的にも、能力的にも、自分が組織づくりに関われないことが悔しかった」という。30歳という節目に意を決し、ニーズウェルという新たな舞台を選んだ。

  • 前職は10人ほどの小さな会社でした。そのため、一人で何でもやらなければならず、まるで個人商店状態。ニーズウェルでは、マネジメントをする人や技術に長けた人など、一人ひとりの役割が明確で、その複合的な個々の能力が、しっかりとスクラムを組んでいるのです。入社当初は、この組織力にとても驚きました。
    2014年10月に任命PLとなり、8人のメンバーを擁するプロジェクトを統括する立場になった今、強く実感するのは、私は「みんなで何かを創ることが好き」ということ。そして私も先輩PLのように、年齢やキャリア、性別に関係なく、誰もがお互いを尊敬し高め合える組織を作れるリーダーになるため、日々努力を重ねています。私は、理想の組織づくりを実現できる能力を吸収し続け、リーダーとしての器をひろげていきたいと思っています。

  • 現在の担当プロジェクトは、大手生命保険会社の営業戦略システム。全国約3万人の営業が使用している既存システムの保守を行いながら、新システムの開発も進行中です。任命PLとなった今、プロジェクト管理がミッションの中心ですから自ら手は動かしませんが、成果物のクオリティ担保は私の業務です。
    また、PL業務の醍醐味でもあるお客様との折衝は、大きなやりがい。既存業務で着実に成果を残しながら、プロジェクト拡大を目指してお客様に新たな提案をしていく。私の場合、6人で引き継いだプロジェクトを、約5ヵ月間で9人体制に増やせましたから、ギリギリ及第点でしょうか。ニーズウェルのPLは、売上管理から労務管理、採用活動まで自ら行うので、小さな会社を経営している感覚。ちょうど今、前職の会社規模を統括していると考えれば、この3年での成長を実感します。

  • 目の前の目標は、PLとして独り立ち。今の担当プロジェクトを12人体制にまで拡大し、利益率向上を目指します。ただ、任命PLとなってから育成面にも強い興味を持つようになり、今でも十分に誇れるチームですが、欲を持ってひとつ上を目指していきたいのも本音です。具体的に言うなら、課題に対して明確な理由づけを持って計画的にアプローチし、やり遂げられる力強い人材の育成。そういった市場価値の高い人材の集団であれば、今以上にお客様から高い評価をいただけると思います。将来の目標は、複数のプロジェクトチーム、さらに部門単位での統括といった、スケールの大きな組織づくりを任される人材になることです。